二人目の妊娠が判明!一人目とは違ってつわりの症状にびっくり

本日、ママの妊娠が判明しました!!!!!

現在6~7週目とのことで、予定日はGW明けの診察でわかるそうです。

今回二人目の妊娠となりましたが、つわりの症状がはっきりとあらわれたので病院の診察を受けることになったのですが、一人目の妊娠の時は症状がほとんどありませんでした。

こんなにも違うものなのかと驚きましたが、実際どのように違ったのかママの経験談を元に書いてみました。

妊娠時におこるつわりとは?

つわりとは、妊娠初期~中期にあらわれる体調の変化のことで、時期や症状には個人差があります。

ママいわく、「生理が来る前の感覚に似ている」とのことです。

主に以下のような体調の変化が見られるのですが、あくまでも妊娠の可能性があるということなので、まずは病院へ行かれることをおすすめします。

  • 熱があるようなだるさ
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 眠気
  • 肌荒れ
  • 生理予定日以外での出血
  • おりものの変化
  • 基礎体温の変動
  • 好みの変化
  • 匂いに敏感になる

つわりは毎回違うの?

自覚症状がほとんどなかった一人目の妊娠

ママは元々生理不順で不妊治療も少し経験していたのですが、「しばらく生理がきてないな」と思って妊娠検査薬を使ったところ薄く陽性のラインがあり、次の日に産婦人科を受診するとすでに3か月目に入っていました。

待望の妊娠だったので、二人で泣きながら喜んだことと、この時は不妊治療には通っておらず、特にタイミングをとったというわけでもなかったので、本当に驚いたことを鮮明に覚えています。

はっきりとしたつわりの症状なんてなかった気がしましたが、

  • りんごジュースとフライドポテトを毎日のように食べたがった
  • 常に眠そうでよく昼寝をしていた

こんな症状があったので、今思えば症状は出ていたんですよね。

妊娠判明後、特に妊娠期間の前半には、

  • 匂いにとても敏感になり、匂いの強いものを嗅ぐと吐き気をもよおす
  • 食べずわり(空腹になると胸焼けがして吐き気をもよおす)

が症状としてあらわれていました。

また、妊娠期間中に「子宮あたりがポワンポワンする」と言っていたことが印象に残っています。

吐き気から気付いた二人目の妊娠

よくドラマで見る、「うっ!」と吐き気をもよおし洗面所に駆け込むシーン…二人目の妊娠ではまさしくこのシーンの再現となりました。

最初は体調が優れないだけだと思っていたのですが、

  • 吐き気
  • 熱があるようなだるさ
  • 頭痛
  • 眠気
  • 匂いに敏感
  • 食べずわり

と、一人目の妊娠よりもはっきりとつわりの症状らしきものが見られたので、妊娠検査薬を使ってみるとくっきり陽性のラインがありました。

そして本日病院で診察を受けた結果、妊娠していると診断して頂きました。

僕はつわりの症状は毎回同じなんだろうなって思っていましたが、今回のママの体調の変化を見て毎回違うのだと身をもって知ることになりました。

比較的楽だったという一人目の妊娠時よりも、明らかにきつそうな表情のママ見て心配になっています…

まとめ:つわり中はパパが最大限のサポートを

今回の妊娠で、妊娠のたびにつわりの症状が違うことを学び、改めて妊娠・出産は女性が命を掛けて行うものなんだと痛感しています。

つわりは本当に辛く、一番近くにいるパパのサポートが絶対に必要です。

僕もママに感謝の気持ちを忘れずに、お腹の中の赤ちゃんが元気に産まれてきてくれることを願いながら、最大限のサポートをここに誓います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です