赤ちゃんの沐浴!わが家のやり方や使ってよかったものまとめ

子育てお疲れ様です。パパブロガーのうーたんです。

さっきシャワーを浴びてきたのですが、産まれて間もない赤ちゃんの沐浴、あなたはどのようにしていましたか?←唐突すぎますね(笑)

生後一か月頃まではお風呂に入る代わりに、沐浴で汚れを落とし清潔な体を保ちます。

わが家では、僕が自宅で仕事をしていたこともあり、パパとママで役割分担をして子どもの沐浴を行っていました。

住居環境や季節によって違いはあるかと思いますが、今回はわが家の沐浴のやり方や使っている道具やシャンプーをご紹介していきたいと思います。

第二子の妊娠が判明したので、この記事は僕の忘備録としても活躍する予定です(笑)

沐浴していた場所

子どもが産まれるまでは、沐浴ってバスルームでするんだと思っていました。

しかし、わが家のバスルームは狭くて二人では難しく、季節は冬だったのでとにかく寒い!

キッチンでやることも考えましたが、キッチンも狭い…

ということで、ベビーバスと大人二人が座れるスペースがあり、室温も暖かい寝室の隣にある赤ちゃん部屋で沐浴をすることになりました。

沐浴をする時間帯はお昼ごろが多かったのですが、起きた時間や授乳の時間を考慮していました。

沐浴の流れ

  • STEP.1
    沐浴の準備
    【パパ】部屋が濡れないように床に大きめのタオルをひき、体を拭くタオルやボディーソープなどを並べる。
  • STEP.2
    着替えの用意
    【ママ】ベビーベッドに、着替え用の短肌着と長肌着を重ねておいてその上におむつ広げた状態でおく。
  • STEP.3
    ベビーバスにお湯を張る
    【パパ】ベビーバスを軽く洗い、給湯器で38℃にしたお湯を張り部屋へ運ぶ。【ママ】その間に子どもの服を脱がせる
  • STEP.4
    沐浴
    【パパママ】体にガーゼをまいてあげて、泡タイプのボディーソープとシャンプーを使って手で撫でるように洗いう最後にかけ湯で洗い流しタオルに包む。
  • STEP.5
    スキンケア
    【ママ】沐浴後すぐ体にローションを塗り、用意したおむつと肌着を着せる。
  • STEP.6
    片付け
    【パパ】残り湯で汚れがひどい肌着などを洗い、バスルームでお湯を抜きつつベビーバスを洗う。

沐浴に使っていた道具

ベビーバス

バスルームで沐浴をするのならば、空気を入れて膨らますビニールタイプでいい思いますが、お湯を張ったベビーバスは重いので少しでも移動があるのならプラスチック製のものを選びましょう。

わが家はプラスチック製ベビーバスを選び、使用後のお湯を簡単に抜くために底に水抜き用の栓があるものにしました。

ボディーソープ&シャンプー

ポンプ式の泡タイプで間違いないです!

どのメーカーのものにするか悩んでいるのであれば、出産後に病院で沐浴をしますので、赤ちゃんに特に異常がないようであれば、退院前に同じものを買って自宅で使ってみてはいかがでしょうか?

わが家は、出産前に準備したものを使っていたのですが、次第に肌が赤くなってしまいました。

多くの口コミを見て、ナチュラルサイエンスのママ&キッズ ボディーソープ&シャンプーを使ってみると肌の状態が劇的によくなりました。

流す時の泡切れもよく無香料なので強い匂いはないですし、僕が試しに目や口に入れてもしみませんでした。

赤ちゃん用のボディーソープ&シャンプーでお悩みの方に是非おすすめしたいです。

スキンケアローション

赤ちゃんの肌はとても敏感で、特に乾燥する冬場は保湿が欠かせません。

沐浴後にタオルでしっかりと水気をとったあと、ローションを両手でだし体温で温めて塗ってあげます。

実は、ローションも出産前に購入していたものが肌に合わずカサカサになってしまいました。

ボディーソープ&シャンプーと同じく、ナチュラルサイエンスのママ&キッズ ベビーミルキーローションを購入し使ってみると、日に日にキレイな肌になっていきました。

1歳5カ月になった今も、朝の着替えの前とお風呂上りに使ってますが、女の子と間違われるくらい白くてキレイな肌を保っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です